サイドハッスル

【サイドハッスル】夏のイベント報告

ちょっと間があきましたが、
この夏弊社の副業支援制度【サイドハッスル推進制度】を使いながら実施した
イベントについて報告します!

経緯はこちらを参照のこと

あわせて読みたい
サイドハッスル始めました!by もじゃどうも、もじゃです。 この度、イーガオのサイドハッスル推進制度の利用をスタートしました!のでその報告です。 趣味全開の内容となっ...

では、どうぞ!

今年の目標

アフリカの音楽やダンス文化の魅力を人と分かち合いたい!
ということで数年前から行っていたイベント企画ですが、
今年は新しいチャレンジとして
野外&複数回開催!
をしたかったのです。

なんで野外なのか?
⇒コロナ感染症拡大防止、三密回避のためです。
 ダンスイベントを普通に屋内でやったら三密の極みですが、野外にすれば三密はほぼクリアできます。

なんで複数回なのか?
⇒もともと年一でアフリカ音楽イベントをやっていたのですが、開催頻度を高めないと大きな目的の一つである「シーンの盛り上がり」にはつながりにくいと思っていたからです。

あと、分野を絞って開催してみたかったというのもあります。

アフリカ音楽やダンスといっても、「伝統的な生演奏」と「ポップミュージックで踊るクラブ文化」では楽しみ方や客層が違ってきます。
自分はそのいずれも親しんできたので、年一の開催だとどちらも盛り込みたくなってしまい、これまではそれぞれのジャンルを全部ミックスしたようなイベントをやってきました。
しかし、頻度を高めて開催すれば一つ一つのイベントのジャンルを絞り、出演者を深堀りして、よりたくさんの人を巻き込むことができると考えました。

そこで今年はまず、アフリカの中でも
・ポップミュージック/ストリートダンスの方面
・伝統音楽/ダンスの方面
の2つに分け、前者をYebo! Afro Party(以下YeboPa)、後者をMOJADAとしてそれぞれ別日に開催することにしました。

ただ、狙う日程が問題です。野外である以上、雨だけは絶対に避けたい。
一年で雨が降りにくい月は? 1月、8月、12月とのこと。
真冬は寒すぎるのでナシ。
消去法で8月を狙うことになりました。

人気の高い野外会場を限られた期間内で2つ抑えるとなると、イベントの間隔を十分に空けるために日程を選ぶといった余裕はありません。
決まった日程は
7/31 YeboPa@神奈川。そして8/8 MOJADA@千葉。
ほぼ一週間おきで2イベントを開催 という過密スケジュールになってしまいました。

初めての野外会場へのチャレンジということもあり、準備がアホほど忙しくなったのはいうまでもありません…

当日の様子

イベントは二つとも無事開催出来ました。
配信用に撮った動画のダイジェストがありますのでご覧ください。

まずはYeboPa。南アフリカの電子音楽やストリートダンスをメインにしたイベントです。
SYOKU-YABO農園という逗子の山奥で開催。

ちなみにPantsula Tokyoというチームで踊っている探検隊みたいな出で立ちの男が自分です。
都心からかなり遠い会場だったのですが、来場者も75人以上!終始いい雰囲気でした。
手伝っていただいたイーガオメンバーによる体験記事も上がっていますので、よければそちらもどうぞ!

そしてMOJADA。こちらは西アフリカの伝統音楽とダンスのチームによるライブイベントです。
千葉の稲毛海浜公園 野外音楽堂 という会場で行いました。

見ていただくと分かるのですが…雨ですね。台風9号が直撃しました。

いや、今年は梅雨明けがめちゃくちゃ早かったので、嫌な予感はしてたんですけどね。よりによって直撃を引き当てるとは。
午後には雨が上がるという予報を信じて開催したら、最後の出演チームの最終演目ぐらいでやっと雨が上がりました。爆笑

ただ、来場者は50人を超え、台風にしては上出来の盛り上がりとなりました。晴れてたら2倍以上は来ていたでしょうが…!

全体的な感想

収支的には大赤をかましたのですが楽しさは完全に想定以上だったので、やって良かったですね。今までにない規模のチャレンジだったので想定外の事態や初めての経験が多く、学びが非常に多かったことも!
継続のためには黒字化は必須なので、今後は学びを活かして利益も出さねば、です。

一番の収穫は、野外ってこんなに楽しいんだなと分かったこと。
僕のイベント企画の原点は「気兼ねなく踊れる場所を作りたい」だったんですが、自然に囲まれているシチュエーションは人をリラックスさせるみたいで
来場者がみんな思い思いに過ごしたり踊ってくれる感じが顕著だったように思いました。

あと、降るときは雨降るんだから8月にこだわるのやめようと思いました。笑

サイドハッスル推進制度の利用について

サイドハッスルの支援内容は、定型の援助ではなく会社との相談で決めていきます。

金銭的な援助があったおかげでこれだけ大きなチャレンジができましたし、それ以外にも当日の手伝いから長期的に見た宣伝のための提案まで、積極的に会社にサポートしてもらえたこと、とても有難かったです。

あと、社員の人がイベントに遊びに来てくれたり、配信を購入してくれたことも嬉しかったですね。ぜひアフリカ音楽の沼にハマっていただきたい。

今後もサイドハッスル関連で色々と投稿がある予定なので、ご期待ください!

ABOUT ME
アバター
もじゃ
西アフリカのジェンベ音楽&南アフリカのパンツーラというストリートダンスにハマっている天然パーマ。 もじゃトラックスというブログにアフリカのこと色々書いてます