インタビュー

【eGAOクエストが楽しいぞ】誰かが作ってほしいものをつくれることがやりがい。クエストで開発したこと

こんにちは!イーガオのガオです!!

eGAOクエストで創られた会社の制度など、たびたびブログでご紹介してきたガオよ。

基本的には、自分の会社を自分たちが働きやすいように、やりがいをもって会社を創っていく。そんな考えのもと、クエストを受けて、作り、作ったものを周知するまでの過程を楽しんで開発してくれたメンバーだっているガオよ~。

今回は、『書類メール一切なし。コミュニケーションツールは「slack」で。』(求人媒体によく載せているコピーより)

1日に1回はチェックしてもらうほど、イーガオメンバーがコミュニケーションを図る上で欠かすことのできないチャットツールを、
「より快適に利用したい!」的なクエスト発注を受けて、
「ならば僕が冒険しよう!」(と、言ったか定かではない)的に手を挙げてくれたMr.カワノに、インタビューしてきたガオ。

あわせて読みたい
eWorkDayに変革!? イーガオクエスト導入の巻こんにちは!リモートワーク作業中のもじゃです。 今日は月に一度、自社の色んな仕事を進める日!のeWorkDay。 eWork...

それでは、「やる気元気笑顔」をモットーに、「もっともっとイイィ『ガオッ』」でお伝えするガオよっ。レッツGaO!!

eGAOクエストで開発したこと

ガオ
では早速!
クエストでは、どんなこと開発してくれたガオか??
カワノ
ツールを3つ作りました。
どれも他のサービスからとってきたデータをSlackに投稿するという内容なので、やっていることはほとんど同じなのですが、似たようなクエストをこなしていくごとに、習熟度・開発スピードが上がりますね。

イーガオブログのアクセスデータをslackに自動で定期投稿するツール

【クエスト】以前、ブログのアクセスデータがslackに毎日投稿されるbotが稼働していたのですが、ユーザー数の増加に伴い、無料アカウントでは稼働できなくなってしまいました。

定期的にGoogleアナリティクスのデータを参照してslackに投稿するbotを作成したい!

ガオ
このクエストでは、具体的にどんなこと開発してくれたガオか??
カワノ
具体的には、Googleアナリティクスのデータをスプレッドシートに落として、Google Apps Script(GAS)を使ってそのスプレッドシートのデータを加工し、Slackに投稿しています。スプレッドシートにデータを落としてくるところは、そういった機能がすでにスプレッドシートにあるので手軽に持ってくることができましたね。

 

ガオ
なるほど、今は自動でできる機能がそろってるガオね。
このクエストではどう開発を進めたガオか?
カワノ
開発については、ひとりで黙々と調べながら進めていました。
GASやSlack APIを使った開発をしたことがなかったので、どんなことができるのかな?っていうところからでした。
開発が終わったらいったんクエストを発注してくれた人に、
「こんな感じでどうっすか?」と確認をもらって、
「おっ、いいんじゃない?」という感じでOKもらったのでいざ本番導入!
という流れでした。
ガオ
けっこう軽い感じでOKがもらえるガオね~。
このクエストで苦労したこととかあるガオか?
カワノ
テスト環境を作るのが苦労しましたね。

テスト用のWebページを作って、NetlifyというホスティングサービスにアップロードしてGoogleアナリティクスの設定。
その後、自分でそのサイトにアクセスして、
1人のアクセスがあったかどうか。
スプレッドシートに反映されているかどうか。
を確かめるという感じでした。

ちょっと手順が多くて苦労しました。。

ガオ
ふむふむ。

権限周りは厳しいガオから、自分で環境を作ったんガオね~。

じゃあ次のツールにいってみよー!

chatworkに書き込みがあったら、Slackに通知するツール

【クエスト】chatWorkを顧客対応や関係企業とのやり取りで利用すことがあるが、
メッセージが来た際に見逃すことがシバシバ。

メインで利用しているslackに通知をすることで、chatWorkを確認するトリガーを作りたい!

ガオ
このクエストでは、具体的にどんなこと開発してくれたガオか??
カワノ
このクエストでは、けっこうGoogleアナリティクスでやったことと構成は似てるんですけど、Chatworkに書き込みがあったらGASで受け取って、その内容をに編集してからSlackに投稿するということをしています。
すべてGASでやっているので前回(アナリティクスのクエスト)の知識も活かされて1日かからずに開発からテストまで終わりましたね。
ガオ
クエストの中で成長しているガオねっ。
作るときのこだわりとかあるガオか?
カワノ
こだわりということではないんですが。。
自己満かもですけど、前よりも良いコードを書くということは意識してます。
この業界に入ってから似たようなコードを何回か書いたんですけど、
そのときに前のコードを見返して、
「こう書いたほうがわかりやすいな~」とか、
「短くなるな~」とか、
考えながら作っています。
ガオ
なるガオ。
前作ったものをどんどんブラッシュアップしているんガオね。
開発するときは何を参考にしながら作るガオか?
カワノ
基本的にはググって調べることが多いですね。
このクエストだとChatworkのAPIだったり、SlackのAPIだったり。
まずは公式ページを参考にすることが多いです。
それでわからなかったらQiitaとかGithubとか見にいってます。
あとは、イーガオに高校からの同級生がいるので、たまになんですけど、その人に聞いて案をもらったりしてます。
あわせて読みたい
「社員インタビュー」大分の同級生が東京で再会!?ウェルガオ制度とは? https://www.egao-inc.co.jp/egao/after-wellgao-referral/ ...
ガオ
同じ会社の人に聞ける環境があるのはいいガオね~
最後に3つめのクエストいってみよー!

 

Slackの特定のチャネルを一覧にして投稿するツール

【クエスト】slackの雑談系チャンネル一覧をslackに定期投稿
概要:
雑談系チャンネル一覧を#freetalkに月一(暫定)で流して、
チャンネルの認知を上げるとともに、slackでの雑談を促進したい!

ガオ
3つ目のクエストだガオ!
このクエストでは、具体的にどんなこと開発してくれたガオか??
カワノ
このクエストは、現在進行形でやっていて、Slackのチャンネル一覧をGASで取り込んでフィルターをかけた後、Slackにチャンネルの一覧を投稿するというものです。

これまでは、一人でやっていたんですが、このクエストは初めて2人で開発しています。
時折発注者に動作確認をしてもらったので3人で進めている感じですね。

ガオ
なるガオ~。
初めての複数人でするクエストはどんな感じガオか?
カワノ
やっぱり同じ理解度の人に聞ける環境があるのがいいですね。
例えば、今回だとSlackに投稿するときはすんなりいけたんですけど、Slackからデータを取ってくるときに認証周りでひっかかったたのを一緒に調べてもらえたのはすごく助かりました。
あと、現場の作業でクエストに参加できないときがあるので、その時に頼んで進めてもらえるのがありがたいです。

 

eGAOクエストの楽しさって??

ガオ
クエストやってみて、イーガオでの働き方的なとこも含めてどんな会社って思うガオか??
カワノ
業務的に必要なものを作っているけど、
自分のペースで学習しながら作れるのは楽しいです。
また、クエストを受けて、作り、作ったものを報告するまでの過程が楽しい。そして貢献感があります。
今までは、会社の中で必要としている課題がわかりづらかったけれど、課題が可視化されることで貢献できることが楽しいです。

eGAOの良さって??

ガオ
クエスト受注をきっかけに、学習しながらクエストを遂行していくうちに、いつの間にか身につくスキル。
そして、納品したときに得られる貢献感。
想像するだけでワクワクするガオよ。
そこが、イーガオのイーガオらしさなのかな。
カワノ
クエストを通じて、クエストメンバーと雑談しつつ目標課題に向けて進めれるのがいいと感じます。
また、イーガオの良さは、いろいろなメンバーが作りたい制度を作っていて、それを作ってくれたことで、自分も勉強しつつ、新しいツールを作るきっかけにもなりました。

ガオの感想

最近は、昔よりも自分に優しくなったというMr.カワノ。
8割以上自分の中で完結していないとアウトプットしなかったが、「多少質が低くてもアウトプットが早く、見せることが重要」と書かれたビジネス書を読んだことがきっかけだったらしい。
そして、自分のモチベーションが下がらないようにする作業の仕方を、イロイロと実践中とのこと。
日々自主的に成長しようとしていく姿勢が、自分を笑顔にし、周りを笑顔にしているんだなぁと思うガオ。

これからも、よろしくガオね!

 

ABOUT ME
ガオくん
ガオくん
非公認キャラからイーガオ(仮)公認キャラクターに昇格しましたガオくんです。 笑顔と幸せを届けることをモットーに、がんばります~。