開発

【swift】アクセスレベルの紹介

毎度どうもこんにちは。iOSをメインに開発しているロッキーカナイです。

Objective-Cからの移行で一瞬躊躇してしまったSwiftのアクセスレベルについて備忘録として簡単にまとめます。

アクセスレベルとは、外部からここの要素へアクセス可能な範囲を指定する事です。

Swiftでは5種類です。

以下の通りです。
open・・・・・・モジュール内外のすべてのアクセスを許可
public・・・・・モジュール内外のすべてのアクセスを許可するが、モジュール外で継承やオーバーライドは不可
internal・・・・同一モジュール内のアクセスのみ許可
fileprivate・・同一ソースファイル内のアクセスのみ許可
private・・・・対象の要素が属しているスコープ無いのアクセスのみ許可

ABOUT ME
ロッキーカナイ
ロッキーカナイ
SwiftやObjective-CでiOS開発や、Flutterを用いたiOS/Androidアプリ開発、PHPでLaravelを使ったWebアプリ開発などをしてます。趣味は猫と戯れる事、キックボクシングにハマってます。ちなみに名前のロッキーカナイは以前よく昼飯を食べてた所。