開発

【python】macでpython開発ツールjupyter notebookを導入してみる

明けましておめでとうございます。iOSをメインに開発しているロッキーカナイです。

これまでswiftの記事をあげてましたが、2018年今年初投稿はswiftでなくpythonです!最近巷で話題の機械学習でpythonブームがきてますが、私も少々現場でpython力が必要になってしまい、pythonを勉強中なのです。

そこでまずmacでpythonの環境を作って、コードを動かすまでを今回の記事にしたいと思います。

環境 OSX:10.13 / python3.6.4

 

jupyter notebookとは

ノートブックと呼ばれる形式で作成したプログラムを実行し、実行結果を記録しながら、データの分析作業を進める事ができるツールです。

ざっくり言うとpythonで書いたコードをターミナルで実行するという手間がありましたが、jupyter notebookを使う事でコードを書いたらすぐ実行でき、ブラウザ上で作業が完結できるツールになります。

 

pythonのインストール(python3系が必要な方向け)

macにはpython2系がすでにインストールされています。python2系で開発したい人はスルーしてください。

Homebrewを使ってインストールする

パッケージマネージャ管理ツールHomebrewを使ってインストールします。他の方法もありますが、今回はHomebrewのみの紹介をします。

Homebrew

インストールと書かれた下のスクリプトをターミナルで実行します。

インストール完了後、brewコマンドを使ってpython3をインストールします。

インストール後python3がインストールされたか確認します。

バージョンが表示されれば完了です。

 

開発ツールjupyter notebookをインストールする

pythonのインストールが完了したらpipコマンドを使ってjupyter notebookをインストールします。pipとはpythonのモジュールやライブラリをインストールやパッケージ管理をするシステムです。

ちなみにコマンドのpipとpip3の違いはpipがpython2系でpip3がpython3系という事になります。今回はpip3なのでpython3系にインストールしている事になります。

インストールが完了したらjupyter notebookを起動してみましょう。

まず、jupyter notebookの作業フォルダを作成します。デスクトップに作ってみましょう。

 

以下のコマンドを実行します。

するとブラウザが立ち上がり、jupyter notebookが利用できる状態になりました!

 

jupyter notebookで遊ぶ

jupyter notebookを表示すると以下のような画面がブラウザに表示されます。

新規pythonファイルを表示してみましょう。

画面右側にあるNewボタンを選択しpythonまたはpython3を押します。すると、以下のような画面になります。

ここにpythonコードを入力すしRunを押すと実行されます。

できました!!!

保存は左上にあるFileからSaveを選択します。

jupyter notebookを終了する方法は、ターミナルでcontrol + c で終了するか問われるのでyを実行します。

jupyter notebookを使ってpythonライフをより楽しくできそうですね。以上!!

ABOUT ME
ロッキーカナイ
ロッキーカナイ
iOSをメインに、SwiftやObjective-C言語の開発をしてます。趣味は猫と戯れる事、PHPを使ったサイト作成やAndroidの開発もしております。ちなみに名前のロッキーカナイはよく昼飯を食べる所w