開発

【Flutter】端末縦サイズを超えたら自動でスクロールするようにする方法【SingleChildScrollView】

こんにちは。スマホアプリをメインに開発しているロッキーカナイです。
今回もあっさり気味で書かせて頂きます。

Flutterでスクロールさせる方法で思いつくのはListViewなのですが、リストではなく単純に並んだWigetが端末の縦サイズを超えたらスクロールしてくれる方法をメモします。

iOSでいうところのTableViewではなくScrollViewですね。

SingleChildScrollView

SingleChildScrollViewを用います。

各Containerは使用しているiOSシュミレータの縦サイズを超えるように、設定しました。

以下キャプチャです。スクロールを確認しました。(本当は動画方が分かりやすいのですが、深夜なものでガッツが、。。)

また、各Containerを使用しているiOSシュミレータの縦サイズを超えないように、設定するとスクロールしなくなります。

ABOUT ME
ロッキーカナイ
ロッキーカナイ
SwiftやObjective-CでiOS開発や、Flutterを用いたiOS/Androidアプリ開発、PHPでLaravelを使ったWebアプリ開発などをしてます。趣味は猫と戯れる事、キックボクシングにハマってます。ちなみに名前のロッキーカナイは以前よく昼飯を食べてた所。