ライフ

心がちょっと元気になる!おすすめ映画9選+α

皆さん、映画見てますか!?お久しぶりです、映画好きな藤田です。昨年はおすすめアクション映画の紹介をさせていただきました。

最近は気候も不安定だし夜暗くなるのも早くなったり、なんとなく暗いニュースも続いて、気分がどんよりする日もあるかと思います。今回はそんな秋の夜長のお供におすすめな、ちょっと心が元気になる映画をご紹介していこうと思います!

自分は何にだってなれる、自分が信じたいものを信じていい、もっと自分を信じていい、自分って思ってるよりすごいんじゃない?と思えるラインナップを集めてみました。少し自分に自信を持てたり、背中を押してくれたり、昔好きだったあんな事にチャレンジしてみようかな?なんて思えるような人生の味方に、素敵な映画の力を借りてみてください。

フリー・ガイ

主人公は平々凡々な日常を送る銀行マン、ある日自分がゲームの中の1モブキャラである事に気が付いて……!?という物語です。主演はデッドプールや名探偵ピカチュウでおなじみみんな大好きライアン・レイノルズです。いろいろな映画のネタがオマージュで差し込まれているのでそれを探すのも楽しいです。自分は誰かの人生のモブキャラかもしれないけど、自分の人生の主役は自分じゃん!と思えて明日はちょっといい日にしようと思える名作です。

メリーポピンズ・リターンズ

皆さんご存知名作メリーポピンズの、次世代話です。勿論ミュージカルパートの歌とダンスは健在なので、シンプルに楽しい画面カラフルな画面に心癒されたい時にもおすすめ。観たら小さい頃の夢を思い出したり、一度は諦めたあんな趣味にももう一度チャレンジしてみようかな?という気持ちになる事請け合いです。お子さんと、観て親子で話をするのもおすすめの一作です。

ヘアスプレー

こちらも思いっきり元気になれるミュージカル映画です!とにかくカラフルでポップで、エネルギッシュな主人公親子の姿に元気をもらえる作品です。映画のテイストは明るくってアゲアゲテンションで進んで行きますが、描かれている問題は深く考えさせられるもので、ジェンダーやルッキズム、人種問題なんかを考える入り口にもおすすめの映画です。

パディントン2

プーさんと同じくらい有名なイギリスのクマと言えばこちら、あの有名なパディントンの映画の二作目になります。勿論1作目も名作です!素直なパディントンの問いかけに、普段無意識に思い込んでいる事や自分に枷をかけている事にはっと気付く瞬間が訪れるかもしれません。鑑賞の際は、紅茶とトーストとマーマレードをお供にどうぞ。

ビッグ・フィッシュ

チャーリーとチョコレート工場、シザーハンズなどで有名なティム・バートン監督の作品ですが、知らない方も多いのではないでしょうか?日本ではここ数年舞台化なんかもされています。ホラ吹きで有名だった父と、そんな父をよく思わない息子の晩年の親子の絆をティム・バートンテイストでちょっぴりダークにどこか切なくメルヘンに描く名作です。映画を観た後は、家族の思い出話に花を咲かせたくなる一作です。

キャプテン・マーベル

かの有名なMCUことマーベルシネマティックユニバースの中では新しめの一作、アベンジャーズ結成からかなり遡る創設の話になります。そしてMCU作品の中で数少ない女性が単独主人公の映画となっています。シンプルに力強く、一切媚びずに自分の人生は自分で決める、人に指図される言われはない、何か文句ある?という一貫したメッセージがめちゃくちゃ元気をもらえます。

天元突破グレンラガン 紅蓮編・螺巌編

こちらは元々テレビシリーズのアニメ作品ですが、映画もあるのでそちらを。「俺が信じるお前じゃねえ。お前が信じる俺じゃねえ。お前が信じるお前を信じろ」これに尽きます。傑作です。脚本が劇団☆新感線の中島かずきさんなので、舞台や歌舞伎っぽい見栄を切る台詞回し演出が楽しいので舞台好きな方にもおすすめ。同スタッフで作っているキルラキルやプロメアもおすすめです。

コンフィデンスマンJPプリンセス編

こちらは日本のテレビドラマ作品の映画化作品になります。いい意味で邦画らしくない洋画っぽいスケール感とスピード感、テンポの良さでノリノリで観られる良質なエンタメです。かつ繰り返される自分は思ったようになれる、自分を信じる、というメッセージを支える緻密な伏線とそれを綺麗に回収していく脚本が本当に気持ちよくって、ずっと楽しく観られて元気になる一本です!

仮面ライダー平成ジェネネーションズForever

仮面ライダーだけでなく、小さい頃大好きだった何か、大切だった思い出、憧れだったヒーロー・キャラクター、皆さんあると思います。そんないつかの自分が、観ているといつの間にか隣に座って一緒に映画を観ているようなそんな作品です。作中で助けを呼んでいる人々の前に現れる仮面ライダーが、よく見るとその人世代の仮面ライダーだったりする辺り自分で想像すると熱くなります。信じたいものを信じる勇気が欲しい、背中を押して欲しい人におすすめの映画です。

番外編:魔進戦隊キラメイジャーOPテーマ

映画ではないですが、心がちょっと元気になる作品という事で一曲。特撮ソングは子ども向けだからこそ、メッセージがシンプルで分かりやすく力強く元気をくれる曲が多いのですが、中でも歌詞が本当に秀逸な曲です。個人的に一番好きなのは二番Aメロ、口ずさんでいると泣きそうなります。それでも転びながら立ち上がって好きなものを信じて前へ進む!そんな勇気と元気をくれる一曲です。

という事で、映画9本と一曲を紹介してみました。とりとめもなくお気に入り作品を挙げていたのですが、参考用に貼るリンクを出すために検索した時に高評価な作品が多くて、少し自信になりました(笑)皆さんもぜひ、落ち込んだ時元気がない時に寄り添ってくれる自分の一本見つけてみてくださいね。

読んでくださってありがとうございました。

ABOUT ME
藤田笑
藤田笑
映画とニチアサ特撮を愛する、PythonとPHPを使うサーバーサイドエンジニアです。